スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逗子

20151004_0240.jpg

毎年恒例のカメラマンチームでの逗子BBQでした。

お約束の小坪市場。

20151004_0243.jpg

去年は途中合流したため、わたしは2年ぶりの再訪となりました。

いつかこの市場での買い物だけを目的に逗子ドライブに来てもいいな〜と
毎回思うんだけどいまだに実現していません。
夏場はやっぱり怖いから(痛むのが)冬かな〜、よし。冬に来よう!

20151004_0251.jpg

娘が生まれてはじめて見た海はこの小坪漁港。
大きくなったなあ、、、しみじみ。

20151004_0364.jpg

10月だけど水着着て海に入りました笑
こどもたち、めちゃくちゃ楽しそうだった!

親がカメラマン、だという共通点からなのかな?
よくわからないけど年に1回くらいしか会わないのにこどもたちはみんな穏やかに仲良し。
年齢も性別も超えて。

20151004_0631.jpg

また来年!



夏の現代美術館④

20150821_0216.jpg

ブラジリア大聖堂!

ブラジルの建築家、オスカー・ニーマイヤー展。
会場デザインはSANAAが担当しているというので行きたくてたまらなかったのです!

トーマスのあとのブラジル。

20150821_0212.jpg

模型展示が多いためところどころで
「小さなお子様の手を離さないでください(触らないように注意してください)」とのこと。
となるとなかなかカメラを構えることはできません。

それでもどうしても撮りたくなるので、、、「ママにしがみついて!」と言っては一瞬パチリ。

20150821_0219.jpg

イビラプエラ公園の30分の1の模型。
靴を脱いで実際に公園内を鑑賞できます。
巨人になった気持ち!

20150821_0226.jpg

寝っ転がって建物内を覗く娘。

20150821_0225.jpg

写真を思いっきり撮りたいけど、娘の手を離すとたいへんなことになるので、、、じれったい!

20150821_0229.jpg

カメラ親子、学芸員さんにばっちり見守られていましたー笑

オスカー・ニーマイヤー展だけはもう一回行きたいな。

20150821_0234.jpg

展覧会巡りのあとは美術館内にある「カフェ・ハイ」でカフェタイム。
ここのフォーは本当においしい!だけど夕方だったからお茶だけ。

席につくなり「ママ、今日は1日楽しかったねー」と笑
ママもうれしい!

20150821_0243.jpg

娘とふたり、ベトナム気分を楽しみました。
カフェで売っているベトナム雑貨の中からカチューシャをおみやげに。

20150821_0279.jpg

たまには美術館で1日過ごせる日があるといいなあ。
平日だったらなおよし。

これらの展覧会は10月12日までだそうです!



夏の現代美術館③

20150821_0232.jpg

夏の現代美術館3回目にしてまだ企画展ひとつめの会場です〜

会場の外から見えたこの、、、ダンボール?

20150821_0198.jpg

小さな小さないろんな家が高く高く積み重なっていました。

会場に入るとまずは「おえかきコーナー」的なところがあって
そこで

20150821_0184.jpg

どんな家に住みたいかを描けるんだけど
もちろん娘にも描いてもらったら64階?ものタワーマンション!

贅沢なことに1フロア1フロアで部屋が違っていて
たとえば
「みんなでごはん食べるところ」
「おどるところ」
「駐車場」(6階くらいだったかな)
「お料理するところ」
「トイレ」
「かばんのへや」
「寝るところ」
「おもちゃいっぱいのへや」、、、おもろいわあ!

20150821_0205.jpg

とにかく圧倒された。ダンボールに。
後ろ髪をひかれながら次の企画展へ。

20150821_0207.jpg

娘のリクエスト「きかんしゃトーマスとなかまたち」です。
なぜか図書館に行くと初期のころのトーマスの本をたくさん借りたがる娘、、、

原画もたくさん展示してありましたが部屋を移動すると
いきなりトーマス号が止まっていて、「お母さんも一緒にどうぞ〜」と促され
スカートまくりあげて学芸員さんたちに見守っていただきながら娘と貸し切りトーマス号で一周。
美術館でトーマスに乗れるなんて!

20150821_0208.jpg

トーマスの会場では途中こどもが遊ぶ広いスペースも用意されていてとてもよかった!
靴を脱いでごろごろ、、、この日は空いていたけど
週末なんかはすごい人だから疲れちゃうだろうな。
そんなときにこういうごろごろスペースあったらありがたい!

次回は「オスカー・ニーマイヤー展」を。


夏の現代美術館②

20150821_0146.jpg

次の展示はこどもしか入場できない美術館!

20150821_0150.jpg

『はじまるよ、びじゅつかん』

本当は小学生から入場可能らしいんだけど、学芸員さんが娘に
「どう?ひとりで行ける?行ってみる?」と優しく声をかけてくれて、、、

20150821_0144.jpg

ひとり旅立っていきました

20150821_0147.jpg

大人には中の様子がまったくわかりません。
すぐ出てくるかなと思いきや全然出てこない。

出口付近には親御さん用の椅子がポツポツと並んであったので、
そこで娘が出てくるのをひたすら待ちます。

そして待っているときに、、、
館内の順路の流れとは逆行する大物が小走りに登場!
しかも短パン!
しかもビーサン!

しかも、、、会田誠さんでびっくりーーー!


娘が出てきて「中はどうなってたの?」と聞いたんだけどちんぷんかんぷん、、、
みんなで絵を描いて飾ったらしい。
途中その絵をちらっと見せに出てきて、しましまみたいな模様、、、
「なに描いたの?」と聞いたら「つち」。
土?     

20150821_0151.jpg

そうそう、これこれ。

会田さんの展示エリアは一番混雑していました。
みんなひとつひとつじっくり鑑賞しているからだと思います。

私もこのエリアはもうちょっとじっくり読んだり見たりしたかったけど
なんせ小さな娘がちょろちょろと動き回るから断念。

20150821_0154.jpg

映像に釘付けの娘。

つづきます。

夏の現代美術館①

20150821_0088.jpg

平日とは言え、夏休み中だから混んでるだろうなーと覚悟して行ったら、、、あれ?
混んでいない!
ラッキー!
空いている美術館大好きー。

4歳娘は無料、大人はすべての展覧会が見られる共通券を購入。

まずは『おとなもこどもも考える ここは誰の場所?』へ

20150821_0095.jpg

昨年、石垣島での事故で亡くなったヨーガンレールさんの展示から。。。
生前、沖縄の綺麗な海岸で拾い集めていた、、、
これは、、、ゴミ。

20150821_0101.jpg

部屋に入ったときは一瞬カラフルなおもちゃかと。
よーく見たら、、、ペットボトルのキャップやプラスチックのゴミ、釣り道具、ビニール人形、、、

色別に分けるだけでなんだか綺麗でかわいい。

それでも冷静になって「これは美しい海岸に捨てられていたゴミなんだ」と理解すると
とても悲しくなった。ぐっと来た。

ドイツ人であるヨーガンレールさんが日本の綺麗な海岸でゴミを拾う姿を思い浮かべた。
せつない。

そして順路の指示に従って、つぎの部屋に入るべくカーテンを開くと、、、

20150821_0103.jpg

それはそれは美しい、、、入った途端、うわーっと声に出してしまいました。

20150821_0108.jpg

こういうときの驚きの一瞬の気持ちをなんとか記録しようと 写真をたくさん撮るけど思うように撮れない!

入った瞬間の「うわー」っていう気持ちを撮りたいんだけど難しい!

20150821_0134.jpg

20150821_0109.jpg

20150821_0114.jpg

20150821_0118.jpg

20150821_0123.jpg

20150821_0128.jpg

空いていて本当によかった!
一瞬だったけど学芸員さんと娘と私だけの空間になってたっぷり味わえました。

会期中、もう一回このときの「うわー」を感じに行きたいな。

20150821_0129.jpg

娘には「ゴミ」だと説明したけどあんまり綺麗だから伝わっていなかった様子。。。

20150821_0142.jpg

ビーチサンダルの展示も。
ビーサン娘はこちらも釘づけ。

つづきます!




Pagination

Utility

プロフィール

Author:kouchisuzuki
小内慎司(こうちしんじ)
1968年生まれ。
スポーツ中心に仕事しています。
http://twitter.com/#!/
shinjikouchi717

鈴木愛子(すずきあいこ)
1974年生まれ。
スポーツ以外の仕事しています。
http://twitter.com/#!/
aikosuzuki524

写真無断利用ご遠慮くださいね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。