スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原美術館



品川、原美術館での杉本博司「ハダカから被服へ」に行ってきました。
(7月1日で終了)

原美術館は好きな美術館のひとつ。
昭和13年に建てられたかっこいい建築としても最高!
個人の邸宅をこうして美術館にするなんて、素晴らし過ぎる!
そして原美術館でのあらゆる展示は原美術館の空間にぴったり。


今回の展示は写真家杉本さんの写真展。

マネキンが着た服、、、今でも服の質感を思い出せます。
一枚一枚迫ってきた、と言ってもいいくらい。
モノクロって想像力を膨らませるなあ。
服のデザイナーとしては色も表現のひとつに違いないのに、それを敢えて写真には写していない。
杉本さんしかできない写真の表現です。
各々のブランドのデザイナーへの尊敬の気持ちもきちんと伝わってきました。

部屋のところどころから外の新緑が窓枠が額のようになって、まるで絵画のように見えます。
その新緑とモノクロのコントラスト、そしてその空間がとてもマッチしていました。


原美術館のおすすめ

中庭を見渡しながらのカフェダール、そしてミュージアムショップは買い物せずにはいられません。

20120615_071.jpg

玄関前にも作品が。

20120615_074.jpg

品川駅からちょっと歩くんですけど、実はこちらには駐車スペースがありますー。

次の展示はなにかな??


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kouchisuzuki.blog.fc2.com/tb.php/196-6390ae49

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

kouchisuzuki

Author:kouchisuzuki
小内慎司(こうちしんじ)
1968年生まれ。
スポーツ中心に仕事しています。
http://twitter.com/#!/
shinjikouchi717

鈴木愛子(すずきあいこ)
1974年生まれ。
スポーツ以外の仕事しています。
http://twitter.com/#!/
aikosuzuki524

写真無断利用ご遠慮くださいね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。