スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園のこと③

20160101_078.jpg

晴天が続いています!



かなり間が空いてしまいました。
我が家の「認証から認可への転園」事情です。


*認可は国が規定した厳しい条件を満たしている保育園。
 保育料は各世帯の収入によって変動。
 (区立と私立があります。
  東京都内ですと区によって区立が多いところ、私立が増えているところなどまちまち。)
 認可外としては「認証」「小規模」「保育ママ」などがあり
 自治体によって規定が異なり、助成金も違ってきます。
 

以前はパパの実家の近所に住み、家から徒歩10分くらいの認証保育園に入っていました。
が、表記されている夜の保育延長時間が使えず、、、
お迎え時間がとてもとても早い時間でした。
(詳しくは保育園のこと②を)
少人数でとてもいい保育園だったのですが認可保育園への転園を希望することにしました。

が、しかし、、、

「0歳の7月に認証入園→翌年4月の1歳枠で認可申請」を予定していましたが
認証保育園側から「認可を申し込んだ時点で翌年は退園してもらう」という厳しい条件が!

(私の区は認可申し込みは12月。合否がどうであれ翌年4月は退園、ということでした)

当時住んでいたエリアは区内でも待機児童急増エリアでした。
もし認可に入学できなかったら、、、認証にも戻れず、、、他の園を探すのは厳しいだろうし。
悩みましたが認可1歳枠入園は諦め、認証にもう1年通園することにしました。

本当だったら認証で満期年齢3歳で卒園して認可転園、というのが理想でしたが
待機児童あふれているこの区ではエリアによっては「認可3歳児募集がゼロ」というケースも
あるというので相当焦っていました。

日々悪い方、悪い方に考えては落ち込んでいました。

延長ができない保育園を利用しながらのこの仕事は本当にたいへんで
お迎えのことで私の実家に負担をかける結果となってしまいました。
もちろんファミリーサポートさんも探してもらったこともあったのですが
どうしてもどうしてもお願いする気になれず。。。
ベビーシッターさんもお願いしてみましたが
保育園お迎え時に相当泣かれて保育園の先生たちも
「あんまり泣かれてしまって託すことに後ろ髪をひかれた」と。

私の実家も同じ区内でしたが車かバスでなんだかんだと往復30分〜1時間はかかる距離。
母も小さな赤ん坊を車に乗せて、、、なんて慣れていないのでその場合は一家総出で
お迎えをしてもらっていました。
そしてだんだんと「実家と保育園の距離を縮めることが最善策」だと感じるようになりました。
「我が家」と「保育園」の距離は夫婦ふたりでなんとかなるかもしれない。
それよりも「実家」と「保育園」の距離を最短距離にする!
できれば自転車または徒歩圏内。

ということで夫と話し合った結果、
私の実家から一番近い、私の幼馴染たちやいとこたちが卒園した
地元でも馴染み深い認可保育園を希望することを決意しました。
もちろん引っ越しも前提です。
同じ町内にマンションがたくさん建って子供がたくさん増えているため
競争率は高いかもしれないけど、、、

そして第二弾の保活がはじまりました。
夫婦ふたりでフリーランス、もしくは夫婦どちらかがフリーランスという働き方をしている
周りのパパママに(たとえ区が違っても)いろいろ聞いてみたり。
その中でもあるひとりのワーママ先輩からの強いアドバイスがあり、区から頼まれてもいないのに
自分たちの仕事内容がわかるファイルを作ることにしました。

それはそれはたいへんな作業でした、、、
私は丸一日撮影仕事を受けず、ファイル作りに集中する日を作ったほどです。

区役所の人たちに「私たちはこんな仕事をしています!」というアピールのためなので
ある程度の量も必要だと思い、完成したファイルふたり分を申請時に持ち込むときには
かなり重たくなってしまいました。
受付してくれた役所の人も大きくて重い紙袋に戸惑っていました。笑

書類も「たくさん」「細かく」書いた記憶があります。
どんなにスペースが小さくても書けることは細かく書こうと心がけました。
もちろんペンは極細です。

例えば申請時にはまだ未確定だった翌年の夫の長期出張についても
まだなにも決まっていないし、もちろんそれを証明する書類もなにもないのに
もし出張が決まったら、、、みたいなことも書いた気がします。

双方の実家家族のことも書く必要があるのですが
両親がまだ60代ということもあってマイナスポイントになってしまう可能性があるかもと焦り、
自営業でまだ働いていてその他もものすごい地域活動に勤しんでいて、めちゃくちゃ忙しいとか。
聞かれてもいないのに細かーく、実家で同居している私の祖母についての介護レベルも書きました。

ちなみに希望していた認可保育園の『二歳児枠』はなんと、、、一人。

その一人に選ばれるためには1点でも多く確実にポイントを稼ぐしか方法はありません。
それでも我が家は認証に通っていた強みがある、、、
ただ怖いのは同点ポイントになった場合。
他の家族に「兄弟ポイント」があったり「医療」や「教育」という社会貢献度が高い職業のとき。
(職業での選択はないとどこの自治体でも答えているようなので都市伝説なのかな?)
こればっかりは運かと腹をくくっていましたが、それでも1ポイントでも上げたくて
ある方に相談しました。

すると
「この区は『私立ポイント』がある。希望3園、すべて私立にしたらポイントがつく」と
アドバイスいただいたのです。

確かに!
希望する保育園がある町の『私立認可』は2園しかありません。
あとは公立か公設民営。
通常、家から近い範囲(もしくは駅近)しか希望を出さないので
自然と3園すべて「私立」を書く家庭は少ない、、、
もしかしたらひとりもいないかもしれない!?
これに気づいた私たちは見学に行く時間もないまま、あと残りの1園枠を隣町の私立認可にしました。

もしかしたら第一希望も第二希望もダメで(ちなみに第二希望の園は2歳児募集がゼロ。ゼロでも
希望できると聞いたので)第三希望になっても、、、それでも仕方ない。
隣町の園でも車で自宅からは10分くらい。
もしもの場合は通うかもしれないけど、そのときはそのとき。
腹をくくっていました。

*現在はこの私立ポイントはなくなったようです*

結果、、、第一希望の認可保育園に入園決定!
封筒が届いたときには涙出ました。
出産してから約2年が経とうとしていました。
長い長い保活生活でした。

入園決定時には平行して探していた家探しも目処が立っていました。
4月に入園して1ヶ月は車での通園になりましたが
その後の生活を考えたら全然苦ではありませんでした。

私たちの認可保活のポイントは
『マンション乱立、子供人口急増地域の保育園を避ける』
『私立ポイントを使う』
『頼まれていないのに仕事のアピールをする』
かと思います。


そもそもなぜ認証より認可なのか。
詳しい方はわかるかと思いますが、子供に対する保育者の人数や子供あたりの広さなどの条件の違い。
保育料の件もしかり。
自治体からの「無認可」への助成金の差や、所得での差があるので一概には言えませんが
だいたい認可の方が家計への負担が少ないと思います。
そして我が家が利用していた認証は3歳まで。
途中転園の必要があり小さい子にも親にもかなり負担となります。
中には就学前まで預かってくれる認証もあるようですが、私の区では当時2園しかありませんでした。
そしてそして園庭。
おはようございます!と言ってそく園庭に走っていける、、、

我が家の場合、延長がある保育園と緊急時にはお願いできる実家がすぐそばにあることとで
ますます仕事に邁進できるようになったと言っても過言ではありません。

保育園に詳しいジャーナリストの猪熊弘子さんがむかし
「自分たちが入ったということは入れなかった人もいるということ。」
というお話をされていました。
そのことは常に意識して保育園に安心して預けて思いきり働けることに感謝したいと思います。
働き続けることで社会に貢献できたら。

長くなりましたが私たちのこの経験が保活中のママパパたちに少しでも役に立ちますように。
特に同じフリーランスのみなさん。
がんばりましょう!







スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

kouchisuzuki

Author:kouchisuzuki
小内慎司(こうちしんじ)
1968年生まれ。
スポーツ中心に仕事しています。
http://twitter.com/#!/
shinjikouchi717

鈴木愛子(すずきあいこ)
1974年生まれ。
スポーツ以外の仕事しています。
http://twitter.com/#!/
aikosuzuki524

写真無断利用ご遠慮くださいね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。