スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばあちゃん

  • 2016/03/26 23:18
  • Category: ひと
20160322_0285.jpg

私が生まれてから独立するまで、実家で同居していた祖母が亡くなりました。

この写真は「ちょっとあぶないかも」と連絡を受けて病院へ向かうときの空です。

あまりにいいお天気で、おばあちゃんたらこんないい天気なのに死なないでよ、とかぼんやり思いつつ
私と娘が着くまでは死なないんじゃないかと待っててくれるんじゃないかとなぜか過信していて

。。。間に合いませんでした。

病院に着いたときは手もまだ温かくて柔らかく、
もしかしたら呼吸しているんじゃないか生き返るんじゃないかと思って
ちょっと大きい声でおばあちゃん!と耳元で叫んでみたりして
ご臨終ですの瞬間のあとはまだしばらく聴覚は残っているって聞いたことがあったから
伝えたいことを片っ端から大声で


この日の朝、お彼岸だから保育園早くお迎えしてお墓参りしようね、
お彼岸て、ご先祖様がすごく近くに来てくれてるんだよ、
年末に死んじゃったおじちゃんもこっちの世界を覗きに来てるかもしれないよなんて
娘にホワイトボードに絵を描いて説明していて、、、
まさかまさかまさか。

おばあちゃんが苦しまないうちに息子であるおじちゃんがお迎えに来たのかな。

20110814_113.jpg

最期は「ろうそくの火が消えるように」息を引き取ったそうです。
苦しまずに。
よかった。

この10年は認知症との闘いの日々でした。

どんどん小さくなっていく脳みそで、
さっき食べたばかりの食事のことは忘れるけど
自分の実家のことは忘れられなくて
どんなに寒くても暑くても雨が降ろうが風が吹こうが
実家を探しに町内を徘徊していました。
徘徊するおばあちゃんを見つけて近所の人が連絡をくれたり連れて来てくれたり。
嫁である私の母が探しに出て見つけて帰ってくるパターンだったけど
時には警察のお世話になることもありました。
姪っ子とおばあちゃーんと大声で呼びながら小雨の中、探し歩いたこともありました。

それでも心の中ではどこかで、、、ずっと住み続けた町で老後を過ごすってなんて幸せなことなんだろう!
と思っていたものです。

昨年の9月、まだ元気なときにおばあちゃんの88歳の米寿のお祝いを自宅で盛大にしました。
とにかくみんな笑ってた。
おばあちゃんはそのときに集まった家族のこと、誰ひとりとしてわからなかったと思う。
それでもおばあちゃんもよく笑ってた。
ハピバースデー歌ってろうそくの火も消した。

その後、誕生日の3日後に大腿骨骨折。
入院。
認知症超進行。
「ジャンケンぽい」も忘れてしまっていたほど。。。
悔やまれることはお彼岸のたびに大量に作ってくれていた
この世で一番美味しい「おはぎ」の作り方を教わらなかったこと。

   
娘がいうには死んだら「おそらにいくけど(こっちに)またくる」らしいのでまた会えるかな。

おばあちゃん、ありがとうねー!

スポンサーサイト

さよなら叔父さん

  • 2015/12/23 22:47
  • Category: ひと
20151218_056.jpg

だいすきな叔父さんが突然旅立ってしまいました。

わたしが19歳のときに同居していた祖父(叔父の父にあたります)もある日突然亡くなって
「急死」にはなんとなく慣れている気になっていたけど
家族の死に「慣れる」なんてことはありません。。。

お通夜の日。

叔父さんが夢に出てきてくれました。

わたしたち家族と妹家族で地元の運動会に行き、
ふるーい木造校舎の小学校の校庭の片隅で遊んでいたら
叔父さんがふらっとやってきて
ちょっと離れたところから笑って手を振って。
冬になるといつも着ていた赤いカーディガンを着ていました。
「ああ、なんか叔父さんに話したいことがあったんだけどなー」なんてぼんやり思ったのに
すぐにそばに駆け寄ることができなかった。
言葉はなかったけど、いい笑顔ですごくいい挨拶だった。
暖かい、ひだまりを感じるシーンだった。
いい夢だった。

、、、さすがに思い出すと泣ける。

朝になって起きたらその夢を結構繊細に思い出して現実を知ってまた悲しくなると共に
なぜか頭の中で中島みゆきの「糸」が流れた。
なんでかな??

叔父さん、生きている間にたくさんお礼をしたかったのに言葉にして伝えられなくてごめんね。
わたしがうんと小さいころ、「ペンギン」をしてくれてありがとう。
那須の楽しい時間をたくさんたくさんありがとう。

叔父さんが残してくれた、素晴らしく親孝行な子供たち、そして孫たち。
みんなをずっと見守っていてね。
うちの娘が言うにはお空に行ったら「また赤ちゃんになって生まれてくる」らしいよ!

そろそろおじいちゃんに会えたかな




ステキ女子ふたり

  • 2013/08/06 23:00
  • Category: ひと
20130416_0708.jpg

右側の白い服が幼なじみのゆみちゃん
左側がかおりさん。

春に撮影した写真なんだけど
なんだかこのふたりとってもいい関係なのでどうしてもブログに載せたくて!
まぶしいでしょ、このふたり。
親しい人、好きな人と一緒に撮るのってなんとも言えない空気感が出るなあ。。。


ゆみちゃんが自分でサロンを開く前に働いていたピラティススタジオで
インストラクターのかおりさんに出会って、、、今では親友に。
子どもの頃からの友達も大切だけど大人になってからの友達もステキだよね!


私から見ると「磨き合ってる女子ふたり」の関係はまぶし過ぎるー!!


ゆみちゃんは飯田橋で自分のサロンを開いているんだけど
かおりさんは鎌倉に住み、ピラティスはもちろんダイエットや体質改善の指導もしながら
英語のレッスンもできちゃう、、、というステキ女子。
まぶしいー!!

「より多くの女性に健康で美しくなって欲しい」というのがふたりの願い。
ひとりよりふたり!
私なんてこの二人とおしゃべりしてただけで女子力アップした(気がする)!


20130416_0698.jpg

ゆみちゃんのサロン ☆セレナイト☆はこちら 
かおりさんのブログ 礎女将はこちら

ますます磨き合ってたまには私も仲間に入れてねー!

まいこさん

  • 2013/05/24 00:57
  • Category: ひと


恋するおんなはきれいさ ♪ 



うふふ

まいこさんと仕事のあとのカフェランチ!

女同士の鎌倉は楽しかったなあ!

恋バナから恋バナまで(笑)
おしゃべりは止まらないのです。。。

20130419_014.jpg

そろそろあじさいの季節

いざ鎌倉へ


なつこさん

  • 2012/11/22 21:47
  • Category: ひと
20121102_132.jpg

たいへんお世話になりました。。。
出版社勤務のなつこさん、この度御主人の海外転勤に伴い退社されて日本を離れることに。

イエーイ!

この日、なつこさんに内緒で「サプライズ送別会」が麻布十番でありました。
本人は在籍する編集部での小さな送別会、のつもりで来場、、、
うわーーーーと声を出して、ちょっとうるうるしちゃうほど、
なつかしい人たちが一斉に集まり、それはそれは温かい素敵な会になりました。
組織(会社)で働くっていいな、、、と思っちゃったりして。



実は私の産休育休復帰の第一弾、なつこさんからの依頼でした。
「もう復帰されていますか?」と電話をいただき、、、
忘れもしない良く晴れた6月のある日。

ひさしぶりに身軽な体でひとりで自分の車を運転して首都高に乗って
「よく無事に子どもを産めたなあ、、、そしていまここに生きていられるなんて!」という感謝の気持ちを
胸いっぱいに運転。(震災の9日後に出産しましたものですから!)

そして首都高から見えるビルの窓に

『がんばろう東北』の文字が。

泣いちゃいました。

震災と出産の後のひさしぶりの仕事の現場。
私が心配しなくても世の中はちゃんと回り始めているんだ、、、と安心しました。

もちろんなつこさんに会えたこともとても嬉しかった。
無事でいることに感動して間違えて抱きつきそうでした!笑

20121102_397.jpg

海外転勤と言ったら「ハッピ」に「だるま」は必須です〜?

なつこさん!
アメリカに行ったら馬に乗せてください。





Pagination

Utility

プロフィール

kouchisuzuki

Author:kouchisuzuki
小内慎司(こうちしんじ)
1968年生まれ。
スポーツ中心に仕事しています。
http://twitter.com/#!/
shinjikouchi717

鈴木愛子(すずきあいこ)
1974年生まれ。
スポーツ以外の仕事しています。
http://twitter.com/#!/
aikosuzuki524

写真無断利用ご遠慮くださいね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。