スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆたんぽ

20140107_040.jpg

出産祝いに後輩の和美からもらったゆたんぽ。
ぞうさんカバーがかわいい。。。娘も大好き。
活用しています!

ひどい冷え性なので家の中でパソコン仕事をしているときは
これを太ももの上に置いたり腰に当てたりとにかく離せない仕事の相棒。

スポンサーサイト

去年の桜

20120408_126.jpg

去年の桜です!

この写真は去年の4月、5日間の入院の後に撮りました。

入院。
実は去年の春に『突発性難聴』になってしまったのです。
ここ数年は芸能人もなったりしてちらほらニュースで見ますよね。
まさか自分がなるとは、、、びっくりしました。
しかも入院が必要だなんて!


どなたかの参考になるかもしれませんので一年経とうとするいま改めて書かせてください。。。


最初は「片耳が詰まってるなー」という感じでした。
いつもは耳抜きをすれば治るのにまったく治らない。
そのまま3日くらい放置して、運転中にその片耳が聴こえなくなっていることが判明。
毎晩家に帰ったときの疲れもひどかった。
片耳が使えないと体のバランスも取りにくく疲れるそうです。

そこで夜な夜なネット検索。
そして自分がその『突難』である可能性が非常に高いことがわかりました。
とにかく一日も早い治療(入院)が必要で、完治する可能性がどんどん低くなるとのこと。。。

とりあえず入院できる近所の病院を受診することにしました。
転院なんてすることになったら時間もかかる。
選択の余地なくなかなか渋い(笑)病院に行くしかなくなりました。

もちろん即入院決定!
しかもしかも最低1ヶ月とか言われて、、、無理ですー!
ネットで調べたら通院で毎日点滴っていう例もありましたよ、とか先生に訴えて
とりあえず5日間の入院をして様子を見ることに。

さすがに難聴になってしまうかどうかがかかっていましたのでいただいていたお仕事を
断る、という個人商店としてあるまじき行為に出てしまいました。
ご迷惑をおかけしました。。。


しかも毎日点滴をしても完治の確率が三分の一。
まじすかっ?!
その33.3%にかけてその渋い渋い病院に入院。

入院して毎日点滴打って病院食もりもり食べて
なるべく安静にという指導に基づきベッドに寝てばかり。。。もちろん増量。
結果、先生も驚くほどのスピードと完璧な聴力復帰。
三日午後には自分でも「治った!」と確信しました。

入院で心配だったのはパパと娘。
娘はそのころちょうど一歳を迎えたばかり。
パパと一緒に毎日保育園の帰りにちょっとだけお見舞いに来てくれました。
帰り際も「ばいばーい」と潔く帰って行く娘。。。頼もしくもあり寂しくもあり。
あの頃はまだよくわかってなかったのかなあ。
パパはパパでイクメンレベルがぐっと上がっていました。

なかなか渋い病院。
嵐の夜なんて天井から水は漏れるし
それを入院中のガテン系のおじさんが管を首につけたまま
脚立持って応急処置して各病室回っていたり。。。スリルいっぱい。。。

入院中に病室の窓の外を見るとじわじわと桜が咲き始めていました。
桜、娘と見られるといいなあ、と。

おかげさまで予定通りに5日で退院。
先生には「あまりに完治し過ぎて逆に心配」と言われましたが今のところ何ともありません。

退院後、桜もちょうど満開で娘と足立区北区界隈のお花見の名所で散歩もできました。
桜を眺めながら「九死に一生を得た」思いになっていたのを思い出します。
大げさですけど。
だって33.3%ですよ!

もし耳がおかしいな?と感じたら一日も早く受診してくださいねー!



冷えとり靴下



『冷えとり靴下』買ってみました。

本当は4枚重ねて履くらしい!
4枚はちょっと多いかなあと思ったのでとりあえず2枚。

あったかーーーい!!

気のせい??
これに厚めの靴下を履いてレッグウォーマーしてると完璧。
20代の頃は「冷え性」とはまったく無縁の体質だったのになあ。。。


恐るべしアラフォー。




Pagination

Utility

プロフィール

kouchisuzuki

Author:kouchisuzuki
小内慎司(こうちしんじ)
1968年生まれ。
スポーツ中心に仕事しています。
http://twitter.com/#!/
shinjikouchi717

鈴木愛子(すずきあいこ)
1974年生まれ。
スポーツ以外の仕事しています。
http://twitter.com/#!/
aikosuzuki524

写真無断利用ご遠慮くださいね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。